080-2277-8675

ブログ

2018/01/02(火)

デスクワークで手の痺れと腱鞘炎で毎日辛い患者様の症例報告【越谷 肩こり 整体院】

カテゴリー:五十肩, 手の痺れ, 肩関節周囲炎, 腱鞘炎, 重度の肩こりについて

 

デスクワークで手の痺れと腱鞘炎で毎日辛い患者様の症例報告【越谷 肩こり 整体院】

 

皆さん こんにちは
越谷 たすき整体院 院長 山口拓也と申します!

埼玉県三郷市にデスクワークで手の痺れと腱鞘炎で毎日辛い患者様の症例をご紹介させて頂きたいと思います。


あなたは、腱鞘炎や手の痺れに悩まされていませんか?

腱鞘炎や手の痺れの症状で趣味や仕事が行えなのはつらいですよね。

でも、そんな辛い痛み、痺れを改善したい時にどんなことをすればいいのか分からない…もし、あなたがそんなふうに思っているのなら今からご紹介する腱鞘炎と手の痺れの症例を読んで頂ければ嬉しいです。
※プライバシー保護のため、記事中の写真および、お名前は仮名とさせて頂いています。

【症例情報】
・名前:三上様(仮名)
・住まい:埼玉県三郷市
・診断名:腱鞘炎、手の痺れ(受診はしなかったそうです!)
・既往:高血圧
・痛み:手首、肘痛、肩こり 運動時痛が強い 時折安静時痛あり
・希望:腱鞘炎と手の痺れを改善したい
・体質:夜間トイレに起きることが多い!
・身体機能;可動域制限あり
・食事:水を多く飲もうとしている。パンが主食!
・薬:内服なし。
・仕事:デスクワークメイン

三上様は、埼玉県三郷市にお住まいで56歳男性の方で重度の痺れ、腱鞘炎で長年お悩みになった方です。
三上様は、昔から手の痺れに悩んでいましたが、最近になって腱鞘炎になった方で仕事が手につかなくなってしまった方です。

そこで、さすがに仕事ができないから良い整体院を探そうと思ったそうです!

『三郷 腱鞘炎 整体』で検索したそうです!そして、たすき整体院のHPを見て「この人資格たくさん持っているからすごいな」と思い当院に電話をしそこからたすき整体院に通院して頂くことになりました

たすき整体院は、難治性の症状を中心にみており他の接骨院・整体院が治せなかった症状を治してきた整体院です。
今回は三上様がどのような流れで腱鞘炎、手の痺れに悩まされない健康な状態になっていったのかをご説明させていただきます。

●問診・カウンセリング


たすき整体院では問診カウンセリングに力を入れています。いつからどのように症状を感じるようになったのか。そして、なぜ腱鞘炎や手の痺れが生じるのか、その本当の原因を探っていきます。

山口
『なぜ、たすき整体院へ来店して下さったのですか?』

三上様
『腱鞘炎で痛みが強くてHpを探していたのですが、一番ここがよさそうで近かったからですね。』

山口
『ありがとうございます!』
『では、どんな時が一番つらいですか?』

三上様
『常につらいのですが、仕事がデスクワークなのでその際が一番つらいですね!』

山口
『なるほど!いつ頃から痛むのですか?』

三上様
『腱鞘炎と手の痺れがこんなに強くなったのは最近ですよ。1か月前くらいです!』

山口
『そうなんですね!』
『では、腱鞘炎と手の痺れを改善させるために治療を進めていきましょう!』

次に実際のお身体の状態を検査して、筋肉や関節をはじめ骨格の歪みや内臓の不調を実際にみていきたいと思います。

●検査・原因の精査

たすき整体院では以下のような検査と原因精査を行っています。

まず、腱鞘炎 手の痺れの整形外科的テスト、座位、立位になって頂き、痛みや痺れの場所、普段の姿勢、どのような動き痛みや痺れがでるのかをチェックしていきます。
次に問題が疑われる筋肉関節を正しい位置に戻して、痛みや痺れが軽減する問題部位を探し出し、痛みや痺れの原因を特定します。
最後にそのままの状態で内臓の状態をチェックさせてもらって、検査・原因精査は終了になります。

三上様の根本原因は、
①斜角筋・腕橈骨筋・母指球筋筋硬結
②肝臓疲労
③肺経の滞り
④腕橈関節のアライメント不良
が手の痺れ・腱鞘炎を引き起こしておりました。

実際にこれらの部位を正しい位置に戻して、可動域や痛みのテストをすると関節のアライメントや痛みが改善しました。
なので、治療としては上記の治療を行っていく事に決めました。

●治療の流れ

たすき整体院の治療の流れとして、肺経の調整をしつつ母指球筋、腕橈骨筋、斜角筋のリリースを行いつつ腕頭関節のアライメントを調整しました。そして、肝臓治療と肩甲胸郭関節テクニックを行い再評価を致しました。
当院の治療は、強いマッサージやバキバキボキボキするような施術は一切致しません。ほとんど痛みのないソフトな治療方法なので、誰でも安心して受けて頂く事ができます。

●治療効果の確認

山口
「これで、治療は終わりましたがいかがでしたか?」

三上様
「手の痛みと痺れがほとんどなくなってます」
「手動かしてもそんなに痛くないです!」

山口
「では、8~9割痛みを消失できるように治療を行っていきましょう。」

●治療計画の説明


通院頻度の説明では、三上様の身体の状態ですと、まず最初の1ヶ月は週1回のペースで来て頂き、身体を根本的に治して、今後、腱鞘炎、手の痺れが起こらない身体作りが可能であることを説明させて頂きました。
そして、セルフメンテナンスと自主トレをしっかり教えさせていただきました。
次に料金の説明もさせて頂き、三上様は通院頻度と料金に納得され、腱鞘炎手の痺れによる痛みを改善して、仕事ができることを目標に一緒に二人三脚で治療をしていくことになりました

●まとめ

今回は、腱鞘炎と手の痺れで仕事ができなくなってしまった三上様の症例をお伝えさせて頂きました。生活習慣の指導とセルフメンテナンスの指導を行い症状を改善に導けるようにお伝えしました。

※院長の山口がセミナー中に治療をしている動画をのせておきますので
イメージがつかない方はお時間ある方はぜひ見て頂ければと思います!

横隔膜テクニック+肝経治療
ALLアプローチ協会 (一般の方もぜひ!)

横隔膜テクニック+肝経治療

________________________________________
ぜひ、肩こりやしびれ、腱鞘炎を治したい方は
HPを1度見て頂ければと思います!

治療院とセミナーのHPをぜひご覧ください↓

埼玉県越谷市 慢性肩こり専門 たすき整体院 HP(クリックしてください)↓
http://tasukiseitaiinnkata.com/

慢性腰痛の方はこちら↓
http://tasukiseitaiinn.com/

院長が代表として活躍している協会はこちら↓(理学療法士、作業療法士、柔道整復師の方向け)
一般の方にも「心理学×栄養学セミナー」開催しております↓
http://allapproach1.com/seminar01

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

080-2277-8675

【受付時間】8時~22時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※施術中は電話に出られませんので、留守番電話に自身のお名前と電話番号を入れて下さい。必ず折り返し致します。

※メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。お名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。